夢見る頃をすぎても

うつで死にたいと無理やりする生前整理ではなく、断捨離と掃除で快適な生活に。

広告

2017年度2回目 粗大ごみを自分で処分場へ持っていく

f:id:mazekozenoie:20170104170400j:plain

 

ゴールデンウイークですね。娘は合宿という名の大騒ぎに行ってます。

他の家族はいつも通りでつまらない。あぁ温泉宿でいたれりつくせりされたいービックリマーク

 

 

 

f:id:mazekozenoie:20170422204730j:plain

 

 

さてさて、粗大ごみを処分場へ持って行きました。

今回はかびくさい布団が主です。

受付のおじさんともいつの間にか顔見知りになり

いつもの通り受付で住所と名前・車の種類と番号と粗大ごみの種類を書いて、

車ごと重さを量り、処分する場所へ誘導されます。

 

4月になってから、職員の人が車から荷物をだす手伝いをしてくれなくなり、自分で処分ごとに区分された台車にのせるようになりました。

台車をみて、職員さんが分別が間違ってないかのチェックして、誤りがある場合は、口頭で注意です^^;

 

 

帰りに再度重さを量ります。今回も無料の範囲内で収まりました。

 

 

粗大ごみを持ち込むのは、朝一番と夕方4時ごろが混むので、なるべくその時間帯はさけたほうがいいようです。(職員さん談)

 

GWは衣替え(まだやってなかったキョロキョロ​​​​​​​)をやりまーす。