夢見る頃をすぎても

うつで死にたいと無理やりする生前整理ではなく、断捨離と掃除で快適な生活に。

広告

娘が小学校卒業式で教師にハブにされそうだった話

f:id:mazekozenoie:20170306164205j:plain

 

 

幼稚園・小・中学校の卒業式の練習が始まってますね。

  

腐娘が小学校の時、最後に卒業証書を受け取る役目だったんですけどね。

担任にあまり好かれていなかったというか、信用されてなかったので、

(頭のいい子ばかりひいきする方でした。)

 

担任に「きちんとできるように家で教えてください。」だの

「卒業式は風邪で欠席するとかされません?」

と、信用されてなくて、辛かったです。 

 

でもそんなこと言われたら、親としては気分悪いわけで、

こちらとしては卒業式にはでるだけで、その大役は他の子に変えてもらってよかったんですけどね。

(元々腐娘は、体が弱い子ですから不思議に思われないですし、

 代役の子も練習してたようですしね。)

 

 

きっとそんなことをすると学校内で問題になるから、

担任としては腐娘にやすんでほしいな~~~と思ったんでしょうね。

 

 

 

実際の卒業式の日は、ちゃんと大役を果たせましたよ。(当たり前じゃん!)

 

この外道お腐れ教師がと心の中で怒っていたことはナイショ。

 

 

校門から出る時には、面倒をみていた下級生が腐娘に走り寄ってきて

「卒業おめでとう。ありがとう。」と言ってくれた時が

一番感動しました。

 

 

この外道教師、腐娘たちの成人式にゲストで呼ばれてましたが、

元生徒たちに無視されてたそうです。

みんな嫌いだったのね。