まぜこぜの家

断捨離と掃除で快適な生活に。

広告

叔母の家も汚屋敷です。

叔母が急逝しました。

熱が高いので処置をしていたら急変したそうです。
入院から5時間、皆亡くなるなど考えもしてませんでした。
 
叔母の家は汚屋敷です。
掃除に手が回らないほど忙しく、おまけに大家族で、
ものがあふれています。
 
叔母が危篤になってから、急ぎ近所の人に家を片づけてもらったようです。
とりあえず元牛舎に出してもらったようですが、
元牛舎が埋まってしまう程、物(ゴミ?)が大量にありました。
皆さん。お世話になりました。
 

f:id:mazekozenoie:20161220184400j:plain

 
 
何かあったときのためにも、
日ごろから床が見えている状態にしておかなくてはと
思った鈴です。
 
鈴の父が早世し、学校の長期休みにはずっと叔母の家に預けられ
面倒を見てもらっていました。
第二の母が亡くなってしまったようで、悲しみに暮れています。